パルシステムVSオイシックス 両方のミールキットを作って徹底比較 楽なのは「パルシステム」 

レビュー
この記事は約9分で読めます。

最近はやりのミールキット。長引くコロナ禍も手伝って需要がかなり増えていますよね。

今回は特に人気の「パルシステム」と「オイシックス」2社のミールキットをご紹介します。

本日の記事はサービス全体の品質や内容ではなく、「ミールキットの中身」に特化した比較記事です。

・どっちのミールキットが美味しい?

・楽なのはどっち?

といった疑問をお持ちの方の役に立てると嬉しいです。

2社のミールキットを実際に作り、以下の視点で徹底比較しました。

「パルシステム」VS「オイシックス」ミールキット作り比べ

  • 消費期限
  • 量や味
  • 調理にかかる時間と手間
  • 洗い物、ゴミなどの片付けの手間

先に結論を言ってしまうと、手軽さ、簡単さはパルシステムの圧勝です

しかし、オイシックスにもお勧めできるポイントがありますので、実際の調理手順を紹介しながら解説していきたいと思います。

\  新規加入で3,000円分のクーポンプレゼント!/
\ 6/6(月)10:00まで、全22品が75%OFF/

パルシステムとオイシックス「ビビンバ丼」を作り比べ

  • パルシステム:3種ナムルと牛肉のビビンバ丼セット
  • オイシックス:そぼろと野菜のビビンバ

2社のミールキットを作り比べていきます。

パルシステムは「3種ナムルと牛肉」、オイシックスは「そぼろと野菜」です。

厳密には違うおかずですが、11月中旬の両社のメニューではいちばん似ている物だったので今回の比較に使うことにしました。

まずは概要を以下の通り、表にまとめました。

パルシステムオイシックス
分量3人前2人前
商品名 3種ナムルと牛肉のビビンバ丼セットそぼろと野菜のビビンバ
金額1,382円(税込)1,274円(税込)
消費期限2日7日
調理時間7分30秒15分15秒
85点95点
洗い物の数少ないふつう
ゴミの量少ないふつう
その他特になし副菜のスープ付き
味は主観で100点満点で採点しました。

オイシックスは2人前でも夫婦と幼児なら十分足りるので、2人前の物を作りました。ちなみに3人前のキットの価格は1,814円(税込)です。

続いてさらに詳しく、写真付きでご紹介していきます。

パルシステム オイシックス ミールキットの商品概要

パルシステム 税込1,382円 消費期限は到着から2日

まずはパルシステムから。以下の物が入っています。

  1. 味付牛肉
  2. 温泉卵✕3個
  3. ナムル(豆もやし、小松菜、大根キムチ)
  4. コチュジャン
  5. トレー(要返却)
  6. レシピの紙
トレーに入って届きます
中身

オイシックス 税込1,274円 消費期限は到着から7日

続いてオイシックスの中身です。

※今回はビビンバのみを比較する為、副菜の「豆腐スープ」の材料は省略しています。

  1. そぼろ
  2. ニラ
  3. えのき
  4. にんじん
  5. 小松菜
  6. タレ
  7. 豆板醤
  8. 温泉卵✕2個
  9. レシピの紙
袋に入って届きます
中身

見た感じはパルシステムの方が簡単そうですね。

オイシックスはにんじん以外はカットされていないのでちょっと手間がかかりそうな予感。

調理時間 パルシステムが7分30秒 オイシックスが15分10秒

それでは実際に作っていきます。

どちらも、ご飯は自分で用意する必要があります。我が家ではタッパーに入れて冷凍しておいたご飯を使いました。

今回は以下の条件で時間を計測しています。

  • 冷凍ご飯はあらかじめ解凍して温めておく=ご飯の加熱時間は調理時間に含めない
  • 撮影しながら調理する。撮影時間は調理時間に含める

パルシステムの調理は超カンタン

  1. 味付牛肉をレンチン
  2. 器にご飯を盛って、ナムルと①の牛肉をのせる。コチュジャンはお好みで
  3. 温泉卵をのせる
手順が少なく、見るからに簡単そう
温泉たまごとナムルはパックに、味付牛肉は袋に入ってます。
まずは味付牛肉を耐熱皿に移してレンチン
皿の上にうつしたご飯の上に
パック詰めされたナムルと、温めた味付牛肉をのせて
卵を割りいれて完成
7分26秒かかりました。

ナムルはできあがった状態でパックに入ってます。

そのため、牛肉を耐熱容器に移してレンチンする以外は手間らしい手間はありません。

撮影の為に物を動かしたり、照明の角度を調節したり、かなりモタモタしながら作っても7分26秒で完成です。

撮影せずにフツーに作れば5分もかからないと思われます。

\  新規加入で3,000円分のクーポンプレゼント!/

オイシックスの調理はちょっと面倒

人参はカットしてあり、そぼろも出来上っているので、ゼロから作るよりは勿論ラクです。

玉田
玉田

ただ、先にパルシステムを作ってしまった為、オイシックスはけっこう面倒だなと感じてしまいました。

  1. 小松菜、ニラをカット。えのきをカットしてほぐす
  2. にんじん、えのき、そぼろを炒める
  3. 小松菜、ニラを加えて火を通す。火を消してナムルだれを加えて混ぜる
  4. 豆板醤を加える(お好みで)
  5. 盛り付ける
レシピを見ただけでちょっと面倒そうな予感が….
食材は個別に袋に入ってます。人参だけはカット済み
小松菜、ニラをカット。えのきは石づきを落としてフォークでほぐしてカット、さらにほぐす。

野菜の下ごしらえで約4分かかりました。

ごま油で人参、えのき、そぼろを炒めます。
小松菜、ニラを加えてさらに炒めます
全体に火が通ったらナムルのタレを加えて混ぜます
ご飯をもった器の上に盛り付けて完成。約15分10秒です。

カットしてあるのが人参だけなので、野菜の下ごしらえが面倒です。

特にえのきは石づきをカット⇒ほぐす⇒カットして更にほぐす。という手順の為かなり面倒でした。また、ほぐしたえのきがけっこう散らばります💦

フライパンを使って自分で具材を炒める必要がある為、パルシステムの倍の時間がかかりました。

\ 6/6(月)10:00まで、全22品が75%OFF/

味はオイシックスの方が好み

続いて、できあがった物を食べ比べました。

味に関してはオイシックスの方に軍配を上げます(個人の好みです)

パルシステム 簡単だけどじゅうぶん美味しい

盛りつけて並べました。
肉、小松菜、もやし、大根、温泉卵のいろどりがキレイです

ナムルが既に出来上っていて、牛肉も味がついているのでお手軽に作れました。

その割には「インスタント感」はまったく無く、十分おいしかったです。

牛肉の甘辛さもバランスがよく、パクパク食べ進める事ができました。

オイシックス 手間をかけた分、さらに美味しい

3人ぶん盛り付けました(今回作ったのは2人前セットなので、温泉たまごは2個だけです。)
割り入れた温泉卵が全体に浸透して、マイルドでウマいです

パルシステムより手作り感が強く、火の入った野菜の甘さと、豆板醤のピリ辛さの相性が良いです。

やっぱり手間をかけただけの事はあるなという感じです。

なお息子には豆板醤を入れずに食べさせましたが、凄い勢いで完食してくれました。全ての具材に火が入っているので、柔らかくて食べやすかったようです。

パルシステムと比べてしまうと倍の時間がかかっていますが、「この美味しさの物が15分で作れるなら素晴らしい」とも感じました。

後片付けもパルシステムの方が楽

食べ終わったら後片付けです。

調理が楽な分、後片付けもパルシステムのほうが圧倒的に楽でした。

パルシステム 洗い物が少ない

調理後の状態。白いトレーは返却します。ゴミが少なくて助かります。

トレーは返却する必要があるので保管しておきます。ゴミを捨て、残った洗い物は以下の通り

ゴミを捨て、食べ終わった食器を並べた状態。洗い物が少なくて片付けがラクチンです。
  • 丼✕3
  • スプーン✕3
  • ご飯タッパー✕2
  • 耐熱容器
  • 菜箸

これだけです。

調理も片付けも楽なので、時短効果はかなり大きいと言えます。

ネットで注文して家に届いた物を、わずかな調理時間で食べる事ができるのは本当に助かります。

育児、家事の負担をかなり減らしてくれます。パルシステムのミールキットを作る日と、自分で夕食を作る日では疲労感がぜんぜん違います。

定時で帰る日と残業をして帰る日ぐらい疲労感が違います。

オイシックス 洗い物が多いよ….

洗い物が多い….
  • 丼✕3
  • スプーン✕3
  • ご飯タッパー✕2
  • 菜箸
  • フォーク
  • 包丁
  • まな板
  • フライパン

黒字はパルシステムと共通して発生する洗い物。赤字はオイシックスだけで発生する洗い物です。

やっぱり包丁、まな板、フライパンを洗わないといけないのは面倒。あと、カットして散らばった野菜くずの片付けも面倒でした。

残念ながら片づけに関しては、自分で材料を買ってイチから料理した場合と大して変わらないなという印象です。

ゴミはキットが入ってた袋にまとめて入れます。ゴミの量はちょっと多いけど、捨てるのは楽です。

パルシステム、オイシックス ミールキット作り比べのまとめ

最後にそれぞれのミールキットについてまとめます。

パルシステム

  • 調理が楽。撮影しながらでも7分30秒で完成
  • 片付けも楽。
  • 味も普通においしい
  • 消費期限がちょっと短い(ナムルが加工済みで、後から自分で火を入れない調理工程になっている事が理由だと考えられます。)
  • 「手作り感」がちょっと弱い
\  新規加入で3,000円分のクーポンプレゼント!/

オイシックス

  • 手間をかけた分「手作り感」のある優しい味わい
  • 手抜きしてる感がなく、子供にも一切の罪悪感を感じる事なく食べさせられる
  • 消費期限が長く、好きなタイミングで作れる
  • 調理は少し面倒。撮影しながら15分10秒かかった
  • 片付けは面倒。自分で材料を買ってきて作るのと変わらない。
\ 6/6(月)10:00まで、全22品が75%OFF/

結論 手軽さを取るならパルシステム、手間がかかっても美味しい料理を作りたいならオイシックス

手間を省きたい。時間に余裕が無い人⇒パルシステム

とにかくミールキットに「手軽さ」「時短」を求める人はパルシステムです。

調理も洗い物もオイシックスよりかなりラクチンです。

味もインスタント感はなく普通においしいので、満足できるでしょう。

なお、僕はパルシステムとオイシックスの両方を使っていますが、パルシステムの手軽さには本当に助けられています。

少し手間がかかっても、美味しい料理を作りたいならオイシックス

多少、調理や片付けに時間や手間がかかっても、美味しい手作り料理を食卓に並べたい。という方にはオイシックスです。

野菜を切ったりフライパンで食材を炒めたりといった労力はかかりますが、それに見合うだけの味と「手作り感」があります。

玉田
玉田

本日もお読み頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました